コエンザイムQ10の過剰摂取は副作用の症状を招く可能性がありますので用法・用量守ることが重要

MENU

コエンザイムQ10は副作用の危険性あり!?過剰摂取と効果の関連性

コエンザイムQ10

コエンザイムQ10とは、もともと私たちの体を作っている細胞の中にある酵素の一種です。
細胞を活性化する働きがありビタミンQとも呼ばれています。

 

これはコエンザイムQ10がビタミン群に近い働きをするからで、医療では心筋梗塞や狭心症などの治療に使われています。

 

強い抗酸化作用があるコエンザイムQ10は、海外では20年ほど前から健康維持や美容のためのサプリメントとしても販売されていました。

 

このように私たちの生活に身近になったコエンザイムQ10ですが、その一方で副作用が気になりますよね。
コエンザイムQ10は本当に安全な成分なのか?そんな疑問について調べてみました。

コエンザイムQ10の副作用の症状とは

もともとコエンザイムQ10は体内にある酵素なので安全で副作用の心配はありません。
しかし、サプリメントにはコエンザイムQ10のほかに配合されているものがあり過剰摂取すると副作用の症状が出る場合があります。
例えば、以下のような症状があげられます。
コエンザイムQ10 下痢
コエンザイムQ10 吐き気
コエンザイムQ10 胃の不調
コエンザイムQ10 食欲不振

 

また、甲状腺の機能が低下している方や妊娠している方は摂取量に注意が必要です。
体やお肌に良いからといって過剰摂取することがないように用法・用量守ることが重要です。

 

コエンザイムQ10の過剰摂取について

コエンザイムQ10の1日の推奨摂取量の目安はばらつきがあり、30~300mgとなっています。
元々コエンザイムQ10は体内にある成分なので、危険性が低いとされ上限量が見極めにくいのです。

 

しかし、コエンザイムQ10がいくら安全性が高い成分だからといって、たくさん摂取することは避けましょう。

 

今の時点で、コエンザイムQ10を過剰摂取した人が何らかの副作用があったとはデータ的な報告はありません。
反面、一説にはコエンザイムQ10の体内濃度が高い人は動脈硬化になる可能性が高いとも言われています。

 

過剰摂取をしてもコエンザイムQ10の効果が上がるわけではないことも理由に挙げられます。
この点については、コエンザイムQ10を摂取しながら自分の体調と相談しなければならないでしょう。

コエンザイムQ10

>>コエンザイムQ10サプリの効果とコスパで考えた総合評価ランキングはこちらから確認できます!<<

【コエンザイムQ10の特徴】の関連記事

 
コエンザイムQ10

コエンザイムQ10は、細胞のミトコンドリア内に存在している成分です。ミトコンドリアは細胞小器官のことであり、コエンザイムQ10はこの働きを補助する役割を持っています。このようにコエンザイムQ10は人間の生命活動に必要なエネルギーの、大部分を作り出している成分であるとも言うことができます。そのためコエ...

 
 
コエンザイムQ10

コエンザイムQ10とは、もともと私たちの体を作っている細胞の中にある酵素の一種です。細胞を活性化する働きがありビタミンQとも呼ばれています。これはコエンザイムQ10がビタミン群に近い働きをするからで、医療では心筋梗塞や狭心症などの治療に使われています。強い抗酸化作用があるコエンザイムQ10は、海外で...

 
 
コエンザイムQ10

どんなサプリメントでも摂取に関しては注意が必要になります。特に、妊娠中・授乳中であればなおさらです。妊娠中・授乳中の女性の場合、コエンザイムQ10を含むサプリメントを摂取してもいいかどうかという点は、非常に気になるところでしょう。基本的に、コエンザイムQ10は、私たちの体の中にも存在している物質であ...

 
 
コエンザイムQ10

健康的で美しい肌というのはイキイキした細胞から作られるものです。肌を作る内側の細胞が元気のない状態であれば困るでしょう。肌の細胞というのは年齢を重ねるとともに働きが悪くなりますし、弱々しくもなるものです。肌細胞を元気よく維持していくためには肌細胞を活性化させることのできる美容成分を補っていくようにす...